マッカ岬の春の訪れ

雄冬岬を札幌方面から越え、増毛の手前に険しい断崖が続くマッカ岬があります。歩古丹橋パーキングからのショットです。日方泊からマッカ岬まで. 増毛町・マッカ岬. 雄冬海岸では駐車場所の確保と海岸への降口が問題。昔は日方泊岬からマッカ岬まで全域を歩いて釣りが出来たが道路工事が仇となって釣場が無くなってしまった。増毛から歩古丹トンネルを過ぎて下り坂から見える壊れたケーソンから投げ釣りが可能。日方泊岬側に進むと行き止まりの様に見える岬状の岩場があるが乗り越すことが可能、ただ単独では危険です。岩場の奧には深い亀裂が沖から入っていて根魚類が上がるが投げ竿よりも延べ竿の方が面白い。(釣りファンより)

春めいた石狩平原

千歳(シコツ)は札幌の低地帯と勇払原野の間にあり、太平洋日本海を繋ぐ交通の要衝「千歳越え、シコツ越え」として知られていた[9]。「シコツ」の地名は文献に初めて登場するのは1660年万治3年)の『福山秘府』と言われており、その後の記述には「志古津」(シコツ)が登場している[9]。この地域はアイヌ和人交易する場として16の場所(シコツ十六場所)があり、江戸時代にはユウフツ場所に編入されて千歳川会所が置かれている[9]。(wikipedia

より)