春めいた石狩平原

千歳(シコツ)は札幌の低地帯と勇払原野の間にあり、太平洋日本海を繋ぐ交通の要衝「千歳越え、シコツ越え」として知られていた[9]。「シコツ」の地名は文献に初めて登場するのは1660年万治3年)の『福山秘府』と言われており、その後の記述には「志古津」(シコツ)が登場している[9]。この地域はアイヌ和人交易する場として16の場所(シコツ十六場所)があり、江戸時代にはユウフツ場所に編入されて千歳川会所が置かれている[9]。(wikipedia

より)

ニセコ駅にて

ニセコ駅は沿線にあるニセコ連峰の主峰・ニセコアンヌプリ(アイヌ語で絶壁に向かってある山の意)に由来する。1963年(昭和38年)に当時の狩太町が狩太駅をニセコ駅に改称するよう国鉄に要請したが、国鉄の「町名を改正しない限り駅名改正は認めない」との方針を受け、まず1964年(昭和39年)に狩太町がニセコ町に改名。その後、ようやく駅名も「ニセコ駅」に改称されたという経緯がある。(ウキペデアより)

羊蹄山:”元”ニートが行く登山ブログ  2017.7.9

http://blog.livedoor.jp/neettozanponkotsu/archives/2743923.htmlをシェアーさせていただきます。     北海道の最高峰、羊蹄山。登山行程のマメマメしいPHOTO、感動です。http://blog.livedoor.jp/neettozanponkotsu/archives/2743923.html